衣替えにちょっと待った!?ショートパンツの秋の着こなし


上着や長袖トップスを合わせて寒暖差に対応

「8月が過ぎたらショートパンツの出番はもうおしまい」と考えるのは早計です。着こなしを工夫すれば9~10月の秋口でもまだ活躍してくれます。ポイントはトップスの合わせ方です。夏場であれば、Tシャツや半袖シャツと一緒に着こなしたショートパンツですが、そのままだとさすがに秋が近づく頃には肌寒いですし、季節感もなくダサくなりがちです。

そこで、トップスは必ず長袖にすること、上着を重ねること、を意識するだけでも秋スタイルに昇華できます。特におすすめなのは、スウェットやサーマルなどの生地が厚手でしっかりとしたトップス、ジャケットやカーディガンなど綺麗目な上着です。どちらも寒暖差に対応しつつ、ショートパンツを軽く見せすぎないようにちょうどいいバランスを取ってくれる優秀アイテムです。

秋らしい素材や色で季節感を取り入れる

ホワイトやブルーなどの淡いカラーのショートパンツ、綿や麻などの通気性の良い素材でできているショートパンツは夏場だけに限定したほうが無難です。これらはどうしても、見た目に夏らしさをまとわせてしまうからです。しかし、カーキやネイビー、ブラウンなどの深みのある色、あるいはコーデュロイなどの厚手の生地のショートパンツなら秋に取り入れても違和感はありません。むしろアイテムの色や素材を季節に応じて変えるのはオシャレ上級者のテクニックでもあります。もちろん、その他の部分にも秋らしい色味や素材を取り入れて、着こなし全体に統一感を出すこともお忘れなく。

agaを仙台で治療する場合、オンラインでの診療が可能なクリニックや、完全予約制で受付から支払いまで完全に個室で対応するクリニックもあります。